ホーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宜しくお願い致します

PageTop
セールからあっという間に数週間が経過。

ドイトで様々な種類の
金物や部品を眺めていると
アレコレ欲がわく。



スリッパ入れr。
当初の予定では、
これで塗装して完成なのだが。

DIY




計画変更。
ドイトで見つけた脚をつけてみたくなった。

1本480円×4本+付属の金物500円、
合計2420円。
本体部分と同じ位の金額。

(とっても短い脚なのに・・・)





計画変更その2、扉9枚。

扉板9枚と平蝶番が18枚、
さらに塗料も追加、コスト増は4000円位。

DIY



費やすコストに比例する、時間と手間。

平蝶番1枚につきビス4箇所×18枚=72箇所。
2夜連続の作業。
50箇所あたりで軽く後悔。



でも、まだまだ。
取手をどうするか。
ネットで取手付ネームプレートを
取り寄せ、ビス留め、18箇所。



本体部分のネジを深く沈めたところには
木工パテで埋めサンドペーパー掛け、
ようやく塗装終了。

DIY



この後はサンドペーパーですこし
塗装を落として雰囲気つけて、背板をつけて・・・・

そうこうしてると
次のセールが始まって
しまうんじゃないかという位の長丁場。



コダワリには金と時間が不可欠。
そしてなにより、情熱も。

すべて足りないから、いつも、中途半端なのだ。


宜しくお願い致します

スポンサーサイト

PageTop
今週末は確か、ルミネが10%オフだったような。
しかし、ドイトに通いつめておりました。

夜な夜な、愛用のドライバー(100円)にて
1本ずつビスをねじこんでいる毎日。
おかげで両手にマメが。

そこで、この週末ついに購入。
電動ドライバー!
ツーバイ材もこれで楽々、何でも作れる気がして。
SPFが5枚束880円だったので、
スリッパ入れを作ることに。


DIY



ちなみに現在のお客様用スリッパ。

DIY


麻袋に詰め込んで、ベッドの横に転がってます・・・


宜しくお願い致します

PageTop
会社のパソコンに入っている
Vector Works12。
CADのソフトらしい。


会社のお客さんに
転職前はIllustratorを
使ってたという話をしたとき
「じゃあ少し触れば、
使えるようになるよ。」
と言われたので、動かしてみた。

ショートカットとか、結構似てるし、
ツールボックスもなんとなく
雰囲気でわかるんだけど。
決定的に違うのは、
XYのほかにZ軸があるということ。
2Dより3Dの方が
断然作業が多くて大変。
という印象。


仕事の合間に
自宅のレイアウトを
つくってみた。


光源の強さ・向き・色、
拡散具合まで
設定できるのがすごい!
ちなみに
自宅の照明も再現してみると。




やっぱり。
暗い・・・・。

3d

自宅DKの様子。左より。



3d


同じく、右から見たところ。


宜しくお願い致します

PageTop
眼球に続きピンポイントエステその2。
一年半くらい前から通っている「眉毛エステ」。

なぜ「エステ」と呼ぶのかよくわからないけど
要するに、眉毛を整えるサロンなのである。

たしかにナルホドできあがった眉毛は毛の流れが自然。
流れを乱す「癖っ毛」を一本一本間引いたと思われる、プロの技。
通うようになってからは、メイク時間が短くなり、
サロンにいったあと2週間は、ほっといても大丈夫。

日々のめんどくささから解放されたい。
珍しく通い続けている理由はココにあります。

ところが予約がなかなか取れない。


2週間経過後の眉毛に手を加えると
「あ、自分で整えた?」とチェックが入る。
次の予約までは下手に抜いたり切ったり
できないのだ・・・

よって、キレイな仕上がりを求めがゆえ極限まで我慢。
予約直前にはあまり人に会いたくない眉毛の状態。

というジレンマ。


宜しくお願い致します

PageTop
引っ越ししてもうすぐ一年、
なくてもとりあえず生きていけるモノ。
絨毯やラグ。

結局、何も敷かないまま冬を迎えた。



寒さ厳しいこの冬も
3つのルームシューズの
ローテーションで無事乗り切れそう。

goods



左は一昨年のセール品、edit.for LuLuで。
赤いのも素敵だったな~。買っとけばよかった。
真ん中同じくセール品。
IENAで、店員さんによると
モンゴルの生地だとか?
右はこの冬買い足した
白のフェルト生地のもの。

で、アッタカ勝負は白がダントツ。
メードイン、デンマーク。
2番目は意外に紺色ニット。
スウェーデン製(たしか)。
そして最後にモンゴル。

よって北欧VSモンゴルは北欧諸国に軍配。

なんだか朝青龍の毛皮をみてから、
モンゴル生地のルームシューズが
かわいく見えない(気のせいでありたい)。
いやいや、これ自体は
かわいいハズなんだけど・・・だけど。


宜しくお願い致します

PageTop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。