ホーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宜しくお願い致します

PageTop
veranda

気が付いたら枯れていたドライになっていたラグラス。


veranda

この毛の透け感が猫っぽい。笑

veranda

先日大掃除ついでに模様替えをして
ベランダに面した部屋(もと木工室)にダイニングテーブルと椅子を移動。

veranda

模様替え後しばらくして
バラが咲いた朝、
朝食の内容はともかく
気持ちだけはとても優雅でした。笑

朝が滅法弱い私にとっては初めての体験、笑

veranda

大鉢のアジサイがあるので出入りはできませんけれども・・


veranda

この小道を掻き分け辿り着いた先にある・・(狭っ

veranda

ディスタントドラムスを・・

veranda


座ってコーヒーを飲みながら
近い距離で眺められるようになりました。


テレビを見るより
ベランダの植物を眺めながらの
食事のほうが心が和む気がします。
自己満足なのだが

veranda


後片付けにも精が出るってもんです。


宜しくお願い致します

スポンサーサイト

PageTop
インフル流行の大騒ぎは落ち着いたようですが
我が家のベランダではハダニ大流行で大騒ぎ。
(一人で)


バラ類は悉く巣を作られて
思い切って強剪定。悲
クレマチスも花も終わりかけ、ぼちぼち剪定が必要です。



だけどこの人↓マイペースで癒されます。笑


flower


スカビオサ・エースオブスペード。
ハダニがまったくつかないのが不思議。
免疫でももってるのだろうか。笑


flower

乾燥させた方が良いのかと思いきや
雨でしっとりしている梅雨の方が元気そう。

flower


風に吹かれてゆらゆらと、飄々と。
すぐぶれるので必然的に写真の枚数も多くなり。


flower

咲き進むとマチ針山のように変化。


flower

主張しすぎず
気の向くまま、風の吹くままに佇みながら
存在感がある花も長持ちの名脇役



ワタシは、そんな人になりたい。笑


宜しくお願い致します

PageTop
天気が良すぎて人が殺到したのか土曜日の鎌倉。

trip

江ノ電はラッシュ並み。



flower

日曜は大雨でしたが、
実家の庭植えのアジサイは生き生きとして綺麗でした。
やはり雨の日のほうがアジサイは美しく見える。

珍しい色の秋色アジサイの鉢を父の日のプレゼントに。
なんだかんだ文句言いつつ、うまく育ててくれるであろう。
そんな父。


花を枯らすのは母の遺伝です。笑










さて先日のディスタントドラムス開花の満足感は想像以上で
さすがにネタも尽きたわ
って気分が続いておりましたがまたぼちぼち咲き始めたものが。笑



湿度が高くなり
春の花期もそろそろ終わり、
植物が第二次成長期を迎えたようで。
スカスカだったシュガーバインが
もさもさしてきました。

flower

アイビーゼラニウム。
冬よりも大分長く咲いてます。

flower




エキナセア。
名前、間違えてました。
「トワイライト」ではなく「サンダウン」のほうです。
もう本当適当で、スミマセン。

flower

赤いのだろうと想像していたのですが
日照が足りないのか?

flower

でもコーラルオレンジ、結構好きです。

BLOOMのウォームイグルー。
こちらはラベル通りの落ち着いたオレンジベージュ。

flower



宜しくお願い致します

PageTop
相方の親戚のお家の子キャッツ。

cats

ドライフラワーも腐るこの時期
手持無沙汰でキャッツ飼いたい病。




ん?

flower



しっぽ・・・



flower

ではなく植物です。


クロキビ・・・ミレット。
耐寒性がないので一年草扱いらしいです。



巨大ねこじゃらしが欲しくて買ったわけではありません。




花が増え、ロマンチック街道爆走中の甘~い我が家のベランダ。
これから少しずつ辛口の大人のベランダにシフトしようかと思っております。
いうなれば辛口系スパイス。笑



宜しくお願い致します

PageTop
●くぐり戸に外枠をつける
●ベランダの傾斜=くぐり戸の傾きへの対処 について。



そうです。そうでした。


くぐり戸が微妙に傾く件。

ベランダは水はけのために少し傾斜しているのです。
両面テープで貼り付ければいいのですが
ワタシは立てかけているだけなので・・
(大規模改修工事でまもなく撤去するのが分かっていた為)

結局倒れてくることもなくそのままなんですが、笑

縦2辺が下に少し飛び出しているのが
ごらんいただけますでしょうか・・

P1010015[1]

これを“脚”として、ベランダの傾斜に合わせて
あとから鋸で調節しようと思ったのです。
(結局そこまで傾かなかったのでやりませんでしたが・・)




さて、afさんの現状はこんな感じでしょうか?

DIY

赤い矢印部分が「のりしろ部分」と推察しました・・
そして、「隔て板の周囲の金属部分・上と縦サイド2辺」とのことですので
予想される部分をグレーで表してみました。

DIY



次に「くぐり戸の枠」を緑“E”で表しました。

DIY

「のりしろ」は隠してしまった方が面倒ないかもしれません・・
Eの横幅(赤矢印)はのりしろからさらに内側10ミリくらいの
所まででいかがでしょう?おかしくないでしょうか?
キワドイですが釘打ちは気をつけてください、笑。

ちなみに、“仕上がり寸法”は、グレー部分マイナス5ミリ位にすると
遊びができ納まりがギュウギュウにならないと思います。
(なので、最終的にはEの横幅から2ミリくらいずつ引けばいいですね)

縦枠で「脚」を作れば、傾斜の調節に使えるかと思います。
くぐり戸は床から浮いていてもあまり目立ちませんのでご心配なく。
うちは3cm位空いています。通気もいいですよ~笑






さらに上下の枠を水色“F”にしました。


DIY

“脚”を作るのでしたらFの縦幅(赤矢印)を調整するといいかもしれません。

以上、EとFを現状のくぐり戸に打ち付けるのが一番簡単な方法だと思います。
枠っぽく見せるにはやはりEとFの厚みがポイントでしょうか。
既存のくぐり戸よりも10ミリ~15ミリは出っ張らした方が
枠っぽく見えると思います・・。

厚みのある板に釘打ちは大変でしょうから
くぐり戸の裏から打ち付けて貫通させ、E&Fに食いませる方が楽だろうと思います。


これに最適な木材、私だったら・・う~ん
ベニヤを何枚かボンドで接着し重ねて厚みをだすか、
20ミリ×30ミリの角材を上手く使えるかどうか・・という
ところでしょうか・・。



でも、きっといろいろとプランがおありでしょう(^^)
あれこれおせっかい言ってスミマセン。
決めたことに「こうした方がいい」とドイトのおじちゃんに言われると
なんだかチョット気持ちが萎えたワタシです。笑
(とくにテンパってる時笑)

なのでなにかの参考になれば幸いです(^^)
頑張ってください~


宜しくお願い致します

PageTop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。