ホーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宜しくお願い致します

PageTop
ここのところ、朝は益々目覚めが悪く
目覚ましの音を聞きながら
中央線で通勤している夢をみている始末です。笑
(現在は車通勤だっていうのに)



しかし今朝は心を奮い立たせて
朝のベランダを楽しむ時間を作ろうと・・。

flower

久々にギュっとなった蕾をみてワクワク、
早起きはいいな~と実感するこの瞬間。笑

flower

今年初めて出合えたカレンデュラ・コーヒークリーム、

flower


flower

花弁の先までフォトジェニック~。




flower

ルビーネックレスの先端に
今にも弾けそうな球体・・喜



少しずつピンク色を帯びてきたシレネ。

flower


flower

血管が浮き出ているみたいで益々クラゲ風。笑





昨夜は膝掛けとカーボンヒーターを引っ張り出しました。

flower



放置しすぎで躍り狂っているロータスブリムストーン。
週末ベランダーっぷりがバレてしまう。笑

veranda

暖かい日差しにまた眠気が・・笑



忙しかった今週はどんなに寝ても睡眠不足気味。
寒くなりそうな週末はだらだら過ごしてしまいそう・・。


秋眠否、
冬眠、暁を・・・以下同文。笑






ブログムラに飛びます↓お時間があれば是非・・

にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ

・・いつもありがとうございます!













宜しくお願い致します

スポンサーサイト

PageTop
お芋カラーの扉の前に秋の味覚。

food

オシャレなお店のお芋はやっぱり絵になります(?)笑







このお芋の実家フローラ黒田園芸さんへ伺ったのは
冷たい雨が降り始めた土曜の夕方、閉店近い時間、
そそくさとオイトマしたワタシは今思うと
まるでお芋泥棒のようでした。笑

food

※私信ですが・・
お芋掘り・・痛恨の思いでしたが
ちゃっかりとお先にお芋祭開催・・。スミマセン。


モザイク処理しようか悩んだスイートポテト・・芋団子。笑

・・・見た目はともかく、笑、自然な甘みが幸せです~。
来年はぜひ、自らの手で・・!笑





それにしても
芋泥棒は一体何しに行ったんだかという。笑

DIY

もちろん目的はお買い物。

甘さ控えめ、カッコイイブラケットやフック、
アイアン雑貨といえばフローラ黒田園芸、
男性ファンが多いのも頷けます。

もちろん、かわいらしーのも沢山の品揃えでございます。
言わずもがな毎回苦しい葛藤を強いられる(笑)
素敵なセレクトの植物も多々ございます・・。



先日面取りして組み終えた板壁その2。

DIY

塗装は軽く済ませまして、



DIY

角を中心にヤスリも軽くかけまして、



DIY

市販のラティスの設置部品をヒントに脚をつけまして



DIY

ブラケットの取付部分の裏は
以前作った梯子のひとつを解体して補強板としまして
さらに傾倒防止に使うビスを2本打ちまして



隣家の非難通路横の
わずかなスペースに収めます・・

DIY

日本の狭小住宅事情において、
こういうスキマ家具こそが
DIYの真骨頂では・・・と思ってしまう。笑

DIY

上部にはガッチリブラケット、

DIY

下にはフック、




恐る恐る重い鉢をぶら下げ・・

DIY

・・成功~。喜




傾倒防止策として
補強板に打ったビスと壁に接続している仕切板の金具とを
ワイヤーで結んで固定しております。

DIY

例のリースを吊るしてみたり、
イヤイヤ、棚板をつけてみようか、
それともワイヤーのカゴを取り付けて小さい鉢を入れようか・・
しばらくはいろいろ悩みそう。笑

悩むことが楽しく、悩みながらきっと新たな欲求が生まれて動き出す。
ベランダ作りはその繰り返し。笑

こんなに狭いのに、お、終わりがない・・。不思議。


宜しくお願い致します

PageTop
貴重な週末は、残念なことに
いつ雨が落ちてくるか
わからないようなお天気続き。

ホームセンターや園芸店ではパンジービオラの色どり眩しく、
心はワクワクと躍り出す反面、体は寒さを感じて縮こまり・・。




午後には花が閉じてしまうオキザリス。
花が閉じるのを見て体感温度もさらに下降。笑

flower

黄色の小花が雑草のよう。
そういえば、不思議なのだが・・雑草に黄色い花が多いのは何故?

ちなみにわたしの住む埼玉の田んぼ地帯は
春はタンポポ、
現在、セイタカアワダチソウが満開です。笑





いまいち定位置が決まらずの妙・・。

veranda

やっぱりちょっと変だな、とまた違う場所へ彷徨い中。笑





先週から植えようと思いつつそのままのビオラと

flower



フローラさんで見つけた黒紫のハロウィンビオラ。

flower

花弁の中心にポッと火が灯ったよう・・。
中心ばかりに見入ってしまう。笑




忘れたころに1つずつ咲く黒葉ラブラドリカと、

flower


ハダニで縮小した黒葉クローバーティントネーロも入れて、
寄せ植え@黒板の前。

とことん黒気分・・。笑


flower

ビオラがあっちこっち向いちゃって・・。
勝手気ままな感じが可愛さ余って憎さ百倍・・
(寄せ植え下手なだけ)


おお、黒い感情が沸々と・・。笑



宜しくお願い致します

PageTop
フックひとつで床スペースが節約される壁面ハンギング。
ひとつできると、
今度は何をハンギングしようとか
枝が暴れるこれもいいかもとか

flower

いろいろ妄想が膨らんでしまう狭小ベランダーの悲しさ。笑





すっかり横領癖がついた感のある最近ですけれども・・笑

妄想を実現すべく板壁の材料を
買いに向かったのはいつものドイド(ホームセンター)。

DIY



先日SPFを買い込んだ際
加工室の終了時間が30分短縮されており。
時間ギリギリで持っていくと、いつもに増して難しい顔した
加工室のおじさんが受付カウンターへ。

「こんばんは~。
これ、厚みを半分に割って2枚にして欲しいんです。」と言うと、
「これは~、ちょっと~・・うまくできないよ・・
元々、そういう厚みのもの、売ってない?なかったかなぁ」
渋い顔して木材売り場へダッシュ。

「ホラ、これは~?」と548円の綺麗なパイン材を指す。

SPFは1枚198円、さらに2分割してコストを抑えようとしてるのに。
「でも8枚必要なんで、548円だと値段が・・」

おじさんはハッとなり、加工室に戻るとそのまま昇降盤へ。
切断音が聞こえてくる。

2分割されたSPF。綺麗にスパッと切れている。
「わ~キレイ、十分キレイです!ありがとうございます!」と言うと
相変わらず仏頂面で「まぁ、思いのほか、上手く切れたね」と。




でもワタシは知っている。
以前もこの人が上手くSPFを割いてくれたことを。



DIY




一見気難しそうなおじさんは案外気のいい人で、
加工した材料を紐で縛りながら
「これで何を作るの?」とか
「これはアンタの家で使うの?」と質問をしてくる。
ワタシが答えると
「えらいねぇ」と、ちょっとズレた感想を言う。


DIY


そして
「よく、こういうの作るの?」と聞くので
「そうだよ、大体いつもあなたに切ってもらっている」と言う。
おじさんは「おかしいなあ、美人の顔は忘れないんだけどねぇ」と言う。


これは毎回必ず繰り返される会話なので
そろそろ「美人ではないので記憶に残らない」という本意を
素直に受け取っておくべきトコロだが
それは取敢えず保留にしておいて笑
ワタシはこの人のことを心の中で
「すぐ忘れるおじさん」と呼んでいる、(悔し紛れ)笑

DIY


すぐ忘れるおじさんは
さっき5倍以上の単価の材料を薦めてきたくせに、
そんなことはすぐ忘れて、裁断料金200円を
「なんか悪いなぁ・・こんな(安価な)材料に高い手間とって」とも言った。笑



悪気はなさそうだがよくよく考えると結構失礼な発言をする、すぐ忘れるおじさん。笑

DIY


おかげで軽量・低コストの板壁になりました。
上手く割いてくれて感謝です、


そしていつも残業ばかりさせてスミマセン。笑


宜しくお願い致します

PageTop
何かと秋・秋とこじつけて、
秋は好き、といいながら
秋というのはそもそも夏~冬の変わり目であって
心とは裏腹にどうも不調続きのこの頃。

口内炎が治まらないのも鼻炎が全開なのも
粘膜にトラブルが多いのも全ては
ビタミンB不足の偏った食生活から来ているのは分かっております・・

そうですわたしは肉が苦手です・・笑



下町に住む祖母に愚痴ろうと電話したら
「留守中の隣家の親戚」の女を、
帰ってくるまでお待ちになったら、と玄関に入れ
スキにお財布を盗まれたという・・。

もちろん愚痴を聞いて慰めました、苦笑



一人暮らしの老人を狙う窃盗犯に天誅あれ・・。






もうクレマチス日枝が咲いてた・・。

flower

夏の間からガーデンシクラメンが咲いたという話も聞いたし
今年は何だかオカシイ、らしい・・。





先日焼きあがったテラコッタ。

green

先生が木の持ち手をつけてくれた。


green

入れたのは
ブドウの木、ミカニア・デンタータ、プミラ。
ブドウの木は少し紅葉。










ミセバヤの蕾。

flower


オフホワイトの蕾が日増しに赤みを帯びてきました。

flower





イメージする「秋の色」はこんな感じ・・。

flower

「藤色」が好きな11月生まれの祖母に
今年はドライフラワーで何かを作ってあげようか。

dryflower






全てが思い通りに行くはずもなく
色々なことに惑わされながら
立ち向かわなければならない日常、

目にするものの多くがドラマチックな秋、
朝はオレンジ色の空、冷たい空気を吸い込んで
夜にはあったかいミルクティーを飲んで
その瞬間、忘れていたことをふと思い出したり
まだ懲りずに夢を見続ける自分に気づいたり。



宜しくお願い致します

PageTop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。