ホーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宜しくお願い致します

PageTop
いい加減ベランダ掃除をしたい。

雨でもいいや、と
起き抜けに窓を開けて3秒、

待ちに待ったのフリーの日が
こんな天気・・というかこの気温。

veranda

一体誰を呪えばいいのか。
やっぱり自分か



エンスト状態で
散らかり放題の部屋を見渡し
3秒ほど自分を呪い、笑

片付けを始めたのだった。
(何れにしてもやる事は掃除笑)




ゴッホ展で見た
ヤグルマギクの絵が凄く良くて
花を飾りたい気分で買って来た。

flower

赤いカンガルーポーは
とても大きく普通のポーの2倍ほどの大きさ。



ケイトウの一種だと思う。

flower

色は濃いピンク。

flower


誰もが閉口するだろうこのディスプレイ。笑

flower

重さがあり見た目も強烈なケイトウを
素敵に見せる技量も花瓶も我が家には無くて


重さに耐えうる瓶といえば
珈琲の空き瓶だけだった。笑


まあ
ゴッホが描いたら
これも何億もの値がつく絵になるんだろうけど。
なるわけない











空き瓶探しが高じて
集めたジャムetcの瓶を片っ端から洗ってみると相当な量になり

goods

この多数の瓶の所在を如何するか?
3秒悩んでドライフラワーを詰めてみようと思い立ち



ドライフラワーの整理が高じて
制作に転じ

dryflower

朝よりも
荒れ狂った部屋になり
一日は終わった。



ストレス源である荒れ部屋を
ストレス減の為に片付ける筈が
結局いつもの本末転倒、笑



寝る前にもう一度自分を呪う…
つもりが程よい疲労感に
3秒で夢の中。笑






宜しくお願い致します

スポンサーサイト

PageTop
秋は所詮
夏~冬への過渡期なのだから
「足早」と表現されるのだろうけれど。

green

それにしても。

今年は暑く長い夏でより短く・・
そして自分自身が忙しく
足早どころか音速で過ぎゆく秋。笑




ベランダの秋を見逃すまいと
数ヶ月ぶりのガーデニングで
驚愕したのは
セミの死骸に出くわした事・・

ではなく、笑

green

早くも冬咲きクレマチスに
蕾が沢山付いていること。



さらにパープルファウンテン越しにみえる

green

ヘンリーヅタの紅葉が始まっていること。

(昨年は初冬:当社比)




去年は一日千秋の思いで待っていた
ヘンリーヅタの紅葉が
家で過ごす時間が少ない今年、
何ともあっさり始まってしまったのは

皮肉めいていて若干悔しい・・苦笑



梅雨の頃はこんな感じだったこのコーナー。

green


夏のダメージが癒されて、
賑やかさが戻ってきた。

green

フェスツカグラウカ・パンダスミレ・ディコンドラ・
ウォーターマッシュルーム・シレネ。

住人は大方変わっておりますけれども。



しかし
その上は対照的に
既に枯れ枯れ、冬景色。苦笑

green

ユーカリ(絶対枯れてる)と
冬眠前のクレマ。





撮った写真をアップせぬまま
秋は深まりまして

flower




flower



flower

あっという間に
菊が満開を迎えました。



他より動きが遅いはずの
我が家の植物がこんなに早く冬の準備をしていることに
取り残された気分になっています。苦笑


veranda

そしてまたまた
取り残された感満載の報告になりますが







宜しくお願い致します

PageTop
秋の園芸シーズン真只中、

都内への往路の車窓越しに
満開のコスモス畑と
線路脇のセイタカアワダチソウに慰められた後
ヒタスラPCに向かい
深夜バスで帰って寝るだけという
悲しい日々が続いておりますけれども


久々に園芸バカな一日を過ごして参りました。笑




まずは秋の植物集め。

flower

蕾は径1cmも満たない、
葉も茎も繊細、
維持できるのか心許ない・・苦笑


flower

ミニミニバラです。





黒葉のビートブルスブラッド。
怪しく鈍い光を放っています。

green



この秋は赤!と思っていたところに
頂いたのはチロリアンランプ。踊~

flower






園芸バカの一日の
登場人物はやはり趣味に通じる人々、
まあいつもの漁場コースでございますけれども笑



同市内園芸店、
黒田ログハウス建設社長様率いる
チームフローラのハマちゃん達・・Flokuro氏、KAZU氏、あやっぺ氏
スーさん、花唄歌いのyukiちゃん(くまちゃんはお休みでしたか)
皆様の作り上げる世界に毎度時を忘れ

同市内&ベランダーの誼で仲良しになれたぴかさん
進化を続けるベランダで暫し時を忘れ

pika_veranda

ベランダ取り替えてください叫



って、私はただの「バカ」ですけれども
皆様その道のスペシャリストにございます。
そして無理やり釣りバカ風にご紹介の旨はすみません。もうしません。



素敵なお庭で癒される一方
我が家の荒れ庭との差に愕然と・・。
この夏に、逃した魚は大きいと。苦笑


flower


しかして、
身近で趣味の通じる「釣り話」をできるのは
大漁に等しい幸せ。


まさに見風使舵のこの頃ですけれども
来月こそは、園芸に勤しむ生活を送りたいと思いながら

漁より帰路の舵を取った夜でございます。



宜しくお願い致します

PageTop
先日ある食事の席にて
私のガーデニング三昧の話になってしまい
何を言われるんだ・・・と
若干面倒に思いながら、笑


菜園もやってるの?
虫とか大丈夫なの?


よくある質問に答えていると


ある人に、
ガーデニングって何が面白いの
と、直球を投げられた。


green


ガーデニングの面白さ?

枯れる時は悔しく虚しく
土の片付けは重労働、
真夏や真冬の水遣りは愚痴ばかり、

そんな私に改まって訊かれても。苦笑


flower




苦し紛れに

えー
そのー
自分好みの草花を選択して
並べて(苦笑)窓越しにその世界を楽しむのが好きです
徐々に生長して世界が変わるのも面白いんです

などと答えたらその人は



ああ、そうか、アートだね。
私の好きな盆栽と一緒だ。



と予想にもないことを言ったのだった。



flower


アート?
イヤッそんな高尚なものでは。



一瞬慌て怯みながらも、



花瓶で切り花を楽しむ人。
鉢で盆栽を楽しむ人。
プランターで寄植えを楽しむ人。
ベランダで草花を楽しむ人。
庭で草花を楽しむ人・・。


flower


それぞれの好みの「器」で
それぞれの「世界」を体現している。

確かにそれはアートかも
と思ったのだった。


flower


事あるごとに発せられる

何もこんな狭いところでやらなくても。
うちの(実家の)畑で好きなだけやれば

という相方の言葉。


flower

それは、
現ベランダが、彼の目には
「アート」に昇華できていない「下手な絵」
・・荒ら屋状態に映る為なのか笑

単に広いキャンバスを使っていいよという
(珍しい)優しさからくるのか笑

未だにその真意がわからないのだが

flower

いずれにしても貴方の言う



畑という「器」で
野菜を育てるという「目的」は

私にとっては「ガーデニング」ではないことは確かなのです・・笑





宜しくお願い致します

PageTop
空の色が早く変わる季節
即ち
ちらほらとアレの解禁popを見かける季節です。



つられてボジョレー色を集めてみたらば

flower

咲くのは来春という大誤算。




・・いや、わかってはいるのにこの色の誘惑に負けたのだ。苦笑







計らずともベランダはボジョレー色が多いです。

green

パープルファウンテングラスが今年は綺麗に色づきました。



風にそよぐ流線型、今は2本。
続々と次の穂が出てきてはいますが
去年は4・5本出揃った所
台風来襲にて全身骨折の有様・・

green

今年は無事揃うことを願う。苦笑



ワインレッドのコルジリネ。
痛々しい葉焼けは
取り去るか?どうしようか?
迷った末これ以上ダメージを与えるのは憚られ
そのままにしています。

green

新しい葉が出てきて安堵。




花の少ないベランダを慰めてくれるかのように
リーフが彩ってくれている今秋。
ええ、ミモザもワインレッドに・・

green

枯れてますかコレ?




滅多に枯れなそうな(←イメージ)
ミモザにユーカリ、アイビーも2つ程。

veranda

園芸愛好者に会うと、
「今年の夏はさあ~」と
「病気自慢」ならぬ「枯らし自慢」がお決まりの最近です。
秋の風物詩のようなものか。
ただの愚痴なのだけど、それが何だか楽しいんだ。笑




夏の花達はまだ健在。

flower

でもぼちぼち勢いがなくなってきまして



遅ればせながら秋の花にバトンタッチの模様。

flower







日が短くなり、
夕刻シャッターをきるとあたりの暗さに驚く。

veranda

そして今年もあと2ヶ月半かあ・・怖


と思わずついてしまう溜息も、
間違いなく「秋の風物詩」。笑




宜しくお願い致します

PageTop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。