ホーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宜しくお願い致します

PageTop
お待たせしました(待ってません?笑)
くぐり戸の塗装編です


2色を重ね塗りして上塗り色を紙やすりで剥がす
簡単アンティーク風塗装です

ポイントは色選び。
明度を違うものにすると削った部分が目立ちます↓

contrast1[1]



同程度の明度だとぼやけてしまうかも↓

contrast2[1]




さてここからは実際の様子
以前の記事とかぶってます)
塗装はぜひ晴れた日に!渇きが早いです



改めて材料を確認

・水性塗料(ニオイが少ない・重ね塗り可能)
特に下塗りに油性塗料を使うと上塗りをはじくので注意です
・刷毛
・新聞紙
・塗料の色作りのための入れ物
(空の牛乳パックやペットボトルなど)
・紙やすり

P1010013[1]




新聞紙を広げて床を養生、
下塗りのホワイトを塗ります

P1010015[1]



この時は寒くて早く終わらせたくて、たまたま汚く塗りあがった(汗)
でも結果的に下塗りはラフに塗ってOKでした
但しエッジの部分・凹凸の部分はしっかり塗りこみました

P1010017[1]


上塗り色は後に削ることを考えてわりと
べったりしっかり塗りました
寒くて焦ってたので、一部下塗りのホワイトが乾いておらず
薄いグリーンに(汗)

そしてこの日はタイムアウト
後日やすりがけ&金物取付け


IMG_0180[1]


まず全体にやすりをかけて艶を消し、
あとはエッジの部分を重点的に
上塗りを剥がすつもりでやすりがけします


エッジ以外にもところどころ強弱を付けて剥がして行けばOK

と、説明させていただきましたが実は・・
このへんはもうやり方なんて特になく
フィーリングで頑張ったような記憶が、笑


ムッシュさんの塗装方法も面白そうです
上塗り塗料がオイルステインだそうです
布で塗りつけ汚した感じに仕上げておられます
さらに虫食いの穴に見えるように、
金槌の先のとがった部分で叩いたとのこと

なるほど・・・!


最後に取付け方ですが
HCで購入できるマジックテープで貼付けるだけでOK
軽いので倒れてくることはありません
私はしばらく植木鉢で倒れないように押さえ込んで
立てかけておりました

撤去も簡単です♪



こんなでお役に立てれば幸いですが・・・(汗)
ご興味ある方是非是非挑戦してみてください。

tosouhen[1]


宜しくお願い致します

PageTop

コメント


private check
 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。