ホーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宜しくお願い致します

PageTop
さて2回目は実際の製作に移ります
まず切り出してもらったベニヤの図

parts[1]


土台となる(A)にそれぞれのパーツを
釘で繋げて形にしてゆきます


torituke[1]


ちなみに、私は土台となる(A)を更に
縦に分割しました
そのほうがより手作りで素朴っぽくなるかなと

板を繋ぐ際は
ムッシュさんはタッカー(大きいホチキスのような道具)で留めた
そうですが、我が家には残念ながらありませんので
金槌+釘で留めました
接着剤で仮留めするとより作業しやすいかも


釘は貫通してしまうので
床を傷つけないよう注意が必要です
私はレンガや木材で打ち付ける箇所を底上げしてます

kugi_1[1]


裏っかえして沈めます

ura[1]




組みあがるとこんな感じ

P1010012[1]


ダミーの丁番をつけてしまってますが
金物は塗装後につけるほうがいいですね





まとめた図解その2も一応

kumitate[1]





最後の塗装編に続きます


宜しくお願い致します

PageTop

コメント


private check
 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。