ホーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宜しくお願い致します

PageTop
全くの駄目委員長です
くぐり戸のマニュアルの件です・・



お役に立てるかわかりませんが・・
〔図解その1〕を作らせていただきました
せっかくなのでブログでも♪と思いまして
よろしければ製作のヒントとしてご覧下さい
(その3までの予定→カテゴリくぐり戸の作り方


はじめに、ムッシュさんにくぐり戸の作り方をお尋ねした所、
「外周部の枡形をつくり裏から張り合わせる」ということでした
なるほど、腰壁を作る要領ですね(?)
ということでデザインを考え・・

design[1]


左の緑を作ることにしました
次に各パーツの寸法を計算します



parts[1]




木材は何でもいいと思います
が、あまり厚くないほうがいいかもしれません
厚すぎるとどっしりして万が一の時のことを考えると・・
かといって一番薄いベニヤ(2.3ミリ)だとたわんできてしまうかも?
ということで4ミリにしました
ムッシュさん宅のくぐり戸は軽い素材のファルカタ材とのこと
ベニヤよりも加工が簡単そうかな
私の場合は家にあった何かの残材のラワンベニヤ



HCで木材加工をしてもらうと、
ミリ単位での加工が可能です
のこぎりで切り出すのは結構手間なので
よくお世話になっております♪


これが切り出しの図です

kiridashi[1]


その他必要な材料を書き出してみました。

〔100均にて〕
・かなづち
・細釘 ※20㎜程度
・刷毛
〔HCにて〕
・4ミリベニヤ
 ※900㎜×900㎜ 位のもの1枚(500円位?)
・水性ペンキ又はオイルステン
    (ペンキ缶(少量で十分)350円~)
・取手(300円位~)

〔あると便利なもの〕
・牛乳パック又は使い捨ての
プラスチックどんぶりなど
 →塗料を混ぜる時に利用
・紙やすり 1枚 (80円位)
 →少し古い風合いをだす為。
・ノコギリ(自分でカットしたり修正する場合)
・軍手



PS.
ガーデニング本のDIYの記事をまねて
PDFで図解を作ってみました、笑
ご希望でしたらお気軽にご連絡下さい

junbi[1]


宜しくお願い致します

PageTop

コメント


private check
 

感動しました!

はじめまして。
ベランダ・ロザリアンのメアリーと申します。
この「くぐり戸」に目が釘付けです。
いろんなくぐり戸を作って、着せ替えしたくなります。
とても丁寧に解説してくださっていますが
真似させていただいてもよいのでしょうか?
(倶楽部会員ではないのですが…会員になろうかなと思ってします…)

saganも素敵です。
こんなものがあるのですね!
貯金しなくっちゃ♪

メアリー | URL | 2010-02-26(Fri)12:37 [編集]


Re: メアリー さま

はじめまして、こんにちは。
コメントありがとうございます(^^)

くぐり戸の解説、つたなくて恐縮ですが
お役にたてれば幸いです。
おっしゃるように着せ替えができるので
雰囲気がガラリと変わって面白いと思います。
ぜひ挑戦されてみてくださいね。
ご質問もお気軽に下さいませ(^^)

わたしものちほどお邪魔させていただきますね。
どうぞ宜しくお願い致します。


> (倶楽部会員ではないのですが…会員になろうかなと思ってします…)

sagan・くぐり戸の発案者の
ムッシュmocomocoさんも喜ばれると思います(^^)
ぜひぜひ~笑

cocomo | URL | 2010-02-26(Fri)16:23 [編集]


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。