ホーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宜しくお願い致します

PageTop
カレンダーを買うことはほとんど、ありません。






2年前の引越し直後は、
ガラーンとしている部屋が寂しくて買いましたけれども。
数字だけのシンプルなやつを。笑

ちなみに、今年のカレンダーは
クウネルの付録&靴下屋のオマケで済ませました。笑

大概そんな感じの人間が
3分と迷わずカレンダーを買いました。
日曜日の多摩川河川敷にて。



いも(妹)が「手作り作家さんのフリマみたいなのがある」から
秋に行こうと言っていたのは「もみじ市」というものだった。

ワタシは相方の手伝い?で睡眠3時間、
いもは仕事で徹夜明け、
お互いヨレヨレで会場に到着したのは
開始から1時間が経った、午前11時半。

遠目からでも既に人が溢れかえっているのがわかり、
楽しみにしていたパンやお菓子などのお店は軒並み「完売」「売り切れ」・・
食べ物を売るお店の前はどこも長い行列・・
作家さんの手作り品はかなり品薄・・


焦げそうな日差しにクラクラしながら
競争率激しいんだな~と、早々に戦闘態勢は解除。笑




しかし、不意に覗き見た瞬間に
釘付けになってしまったのが
フォトエッセイスト椿野恵里子さんのブース。


古くて傷のある広い壁を背景に、美しく際立つ被写体。
陰影が強めで、“静かさ”を感じる古道具や草花、器。
どの写真にも感じられる、被写体に対する愛情。

goods

中でも印象的だったのが枝葉ごと撮影されたスイカ。
おお・・なんて美しいスイカかしら、と。笑





ご自宅で撮られているという写真。
こんな風に撮れたら、なんてたいそうなことは思わないけれど
片隅にでもこんな風景がある生活を送ってみたいと憧れしきり。

椿野さんは穏やかで綺麗な方で・・(^^)

目に映った通りの色を再現したいと
この画像加工三昧の世の中で
それには頼らず
いちかばちかの印刷後の写真で勝負されているという感じの話を
すこ~しだけ聞けました・・凄









写真の素晴らしさに加えてカレンダーのシンプルさが
壁にホチキス留めする
ワタシにはぴったりのような気がして。笑


暑さと眠気、空腹感を感じながら
河川敷を後にして駅へ向かう道、
まるで美術館を出た後の、
カルチャーショックを受けたようなフワフワ感を感じていました。

手にはもちろん、パンフレットではなくカレンダー。笑

goods



椿野さんのHP→「風景のあと
10年記念のポストカードは本当に本当に素敵です。
仕事柄ガーデニングができず、植物に過剰反応しない
いも(妹)も購入してました。笑



※作品掲載承諾いただいております。


宜しくお願い致します

PageTop

コメント


private check
 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。